読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジア映画『シアター・プノンペン』 のDVDが発売!?

 

シアター・プノンペン [DVD]

 

監督 ソト・クォーリーカー

脚本 ソト・クォーリーカー、イアン・マスターズ

出演者 マー・リネット、ソク・トゥン他

製作 2014

上映時間 105

公式サイト http://www.t-phnompenh.com/

 

カンボジア映画史上初の女性監督、第27回東京国際映画祭国際交流基金アジアセンター特別賞を始め数々の賞を受賞したカンボジア映画『シアター・プノンペン』。昨年の夏から、東京の岩波ホールや大阪のシネ・リーブル梅田など全国の約20の映画館で上映されていましたが、カンボジアで仕事をしていたこともあり見れずに終わってしまいました。諦めつつも見る術を探っていた時に知ったのが『シアター・プノンペン』DVDの発売です。

 

カンボジア人にとってタブーとされる悲劇的な歴史に正面から向き合い、世界的に評価を受けている作品です。

 

予告動画

 

ストーリー(公式サイトより)

プノンペンに暮らす女子大生のソポンは、病を患う母と厳しい軍人の父、そして口うるさい弟との息苦しい生活にうんざりしていた。授業をサボってはボーイフレンドのベスナと遊び歩き、父が決めた将軍の息子とのお見合い話から逃げ回る日々。そんなある晩、ソポンは街中でベスナとはぐれてしまう。ひとり街をさまよううちに、バイクの駐輪場として使われている廃墟のような映画館へとたどり着く。すると、古ぼけたスクリーンには自分とそっくりの少女が映し出されていた。驚きに目を見はるソポン。主演女優“ソテア”はソポンの母だった。だが、そこにいる“ソテア”は、現在の母からは想像もできないほど美しく輝いていた…。

 

映画は、クメール・ルージュカンボジアを支配する前年、1974年に作られた未公開のラブ・ストーリー『長い家路』だった。クメール王国を舞台にしたおとぎ話のような映画に、ソポンは惹き込まれていく。ところが、内戦の混乱で映画の最終巻が紛失し、結末を見ることができない。ソポンにことの顛末を話すのは、映画館の主人で映写技師のソカ。ソポンは、ソカが実は『長い家路』の監督に違いないと思い、彼のもとで、映画の最後を撮り直せないかと思いつく・・・。

  

f:id:kazusshi:20170119164555j:plain

 

関連記事

カンボジア関連映画

僕たちは世界を変えることができない。 [DVD]



地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]



キリング・フィールド HDニューマスター版 [DVD]

 



消えた画 クメール・ルージュの真実 [DVD]